休校・休園対策 ベビーシッター費用を全額補助 KADOKAWA

2022.03.15 【労働新聞 ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 ㈱KADOKAWA(東京都千代田区、夏野剛代表取締役社長)は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、社員のベビーシッター利用支援制度を拡充した。2月から3月末までの緊急措置で、休校・休園や学級閉鎖などで子のケアが必要となったケースに対し、自己負担額を全額支給する。契約社員も含む約2000人が対象で、利用は1家族当たり月50時間まで。対象者の1~2割の利用を見込んでいる。

 同社では、…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和4年3月14日第3344号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。