職務評価指針を作成 パートの均等・均衡待遇へ 厚労省

2012.12.17 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省は、パートタイム労働者と正社員の仕事の内容を比較するため、要素別点数法による職務評価ガイドラインを作成した。仕事の大きさを数値に基づいて容易に比較できるツールで、パートタイム労働者の格付けや賃金水準の改善に結び付けるのが狙い。

 同ガイドラインは、自社のパートタイム労働者と正社員の間で、仕事の大きさと待遇のバランスが取れているかを確認するためのツールとなる。担当している仕事を評価項目ごとに点数化する「要素別点数法」により職務評価するとした。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年12月17日第2901号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ