改正内容正しく理解を 派遣法解説セミナー開催 東京労働局

2012.09.17 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 改正労働者派遣法の施行を目前に控え、東京労働局は、派遣元・先事業者を対象とした「改正法セミナー」を開催した=写真。日雇派遣の原則禁止など改正内容を解説した。

 同労働局の松浦大造需給調整事業部長は冒頭のあいさつで、「労働者派遣制度は、需給調整の仕組みとして、働きたい方や企業のニーズに的確に応えて一定の役割を果たしてきたが、雇用環境の変化を受けて見直しが必要になった」と背景を説明。その上で「改正内容の理解を深めるとともに改正法の目的などを汲み取り、正しく取り扱ってもらうようお願いしたい」と呼びかけた。

平成24年9月17日第2889号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ