改革人材 発掘・評価の仕組み整備を IT業界団体が提言 顧客企業と人材交流も

2012.09.03 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 情報サービス産業協会(略称JISA、浜口友一会長)は、経済のグローバル化などに対応するため、「創造的改革を推進する人材(創造的改革人材)の発掘・確保に関する提言」(報告書骨子)をまとめた。会員企業に対し、ITによって新ビジネスを創出し、様ざまな課題解決に向けた改革を実行できる人材を発掘するための評価の仕組みを構築するよう呼びかけている。同協会は、企業の参考となる人材発掘・評価モデルの作成に着手するほか、創造的改革人材を支える高度人材の養成に向けて、会員企業とユーザー企業が人材交流を図る「JISAインターンシップ」制度を創設する。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年9月3日第2887号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ