社員間の交流促進 在宅勤務支援ツールで IT関連展示会

2021.11.09 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 国際見本市の企画・運営を手掛けるRX Japan㈱は10月末、IT機器およびサービスに関する大規模な展示会「第12回Japan IT Week秋」を幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催した。コロナ禍で拡大する在宅勤務やリモートワークを支援するサービスが、来場者の注目を集めている(写真)。

 このうち1つは、オンライン上に「仮想ルーム」を設け、社員同士がワンクリックで音声通話や画面共有をできるサービス。「今ちょっと良い?」などのやり取りが、出社して席を並べて働いている場合と同様にできるという。同サービスの提供会社は、リモートワーク中であっても社員間の交流が活発だと、組織に対する帰属意識が高まり、定着率アップの効果があると訴えた。

令和3年11月8日第3328号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。