コロナ時代での先進事例集める 禁煙企業共同体

2020.09.16 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 大手を中心に33の企業・団体が参画する「禁煙推進企業コンソーシアム」は、コロナ時代における企業の先進的な取組みを公表した。サイト上で日本アイ・ビー・エム㈱などの事例を紹介している。

 同社では今年5月から社員向けのレターで、毎月22日の「禁煙デー」に関する啓蒙活動を開始。リモートワーク環境下においても社員の禁煙に対する意識を高める取組みを推進している。

 コカ・コーラボトラーズジャパン㈱では、改正健康増進法施行に伴い、今年から就業中の全面禁煙に取り組んでいる。

令和2年9月14日第3272号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ