全従業員へ電子マネー5万円分 ヤフー・在宅支援策

2021.03.09 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 ヤフー㈱(東京都千代田区、川邊健太郎代表取締役社長)は3月、契約社員を含む全社員約7800人に「働く環境応援資金」として電子マネー5万円分を付与する。コロナ禍で在宅勤務が続くなか、主に自宅の労働環境整備等を目的とする。

 同社では現在、セキュリティーレベルの高い一部の業務に就く人材を除き、社員の95%が在宅勤務をしている。昨年10月以降は4000円の「どこでもオフィス手当」を毎月支給しており、同資金は加えて自社サービスのPayPayマネーライト5万円分を付与するもの。将来の電子マネーによる賃金支払いの解禁を見据えたモデルケースとも位置付けている。

令和3年3月8日第3296号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ