被災地で人手不足 賃金上昇を懸念 経団連報告

2012.07.23 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 経団連は、「震災からの復興の加速に向けた提言」を作成した。被災地において事業展開を図る企業から予定の採用人数を確保できず、開始の遅れや規模の縮小を余儀なくされる事例が少なくないとして、被災地労働市場の速やかな適正化を訴えている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年7月23日第2882号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ