【特集1】〝深掘り〟で突き詰める 安全品質担当が集まり徹底議論 「安全創造プロジェクト」を展開/東京電力パワーグリッド(株)

2016.11.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 東京電力ホールディングス(株)の基幹事業会社として送配電事業を行う東京電力パワーグリッド(株)では、事業所が自ら考え、工事現場で安全活動のプロセスを改善する試み「安全創造プロジェクト」を展開する。活動のキーワードとなるのは「深掘り」。48ある事業所から安全品質担当が本プロジェクトに自主的に参加し、見つかった危険箇所や現場の課題などについて、深く議論をしていく。今年度上半期は、東京総支社と川崎支社がモデル事業所として手を挙げ、重機との接触防止や指差呼称の定着、職長への意識付けなどをテーマに意見を交わし、半年間にわたって改善を突き詰めていった。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年11月15日第2270号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ