三次産業の労災減に本腰 死傷者2年連続増で 厚労省・24年度労基行政方針

2012.04.23 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

司法処分や監督結果公表

 厚生労働省は、平成24年度労働基準行政の重点施策を明らかにした。労働災害が2年連続して増加する「極めて憂慮すべき事態」となっているため、労働災害防止対策を最重点課題に位置付けた。陸上貨物運送事業、建設業のほか、小売業や社会福祉施設などの第三次産業に対する指導を強化して、休業4日以上の死傷災害を前年比5%以上減少させる。法定労働条件の履行確保では、司法処分や監督結果の公表を積極化して、同種違反事案の発生を予防するとした。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年4月23日第2870号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ