知財戦略策定に支援強化求める 東商が意見書

2012.02.27 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 東京商工会議所は、政府の知的財産戦略本部が検討している「知的財産推進計画2012」の策定に向けた意見をまとめた。

 それによると、中小企業の活力強化を成長戦略の柱に位置付けるべきとした上で、中小企業における知的財産戦略の策定・実行を促進するための支援強化を提言。中小企業向けの知財戦略のひな形を提示するよう求めている。知財戦略の策定・運用時に、大手企業のOBを活用できる仕組みの構築も必要とした。

関連キーワード:
平成24年2月27日第2862号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ