オンワードが発表 CSRセミナーを開催 アパレル業界団体

2019.10.01 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 6月に「憲章」を定め、業界を挙げてCSR(企業の社会的責任)対策を推進している一般社団法人日本アパレル・ファッション産業協会は9月11日、東京都内でトップセミナーを開催した=写真。会員企業の㈱オンワード樫山などが自社の取組みを紹介している。

 同社では、CSRに密接に関係しているSDGs(持続可能な開発目標)のうち「ジェンダー平等への取組み」としてダイバーシティの推進を実施中。大沢道雄代表取締役社長執行役員は、法律を上回る育児休業や介護休業を用意して、仕事と家庭の両立支援に取り組んでいると説明した。実際に利用も進んでいるという。

 一方で、労働時間改善の面で遅れがあると課題を明かした。来年3月に人事制度を改定する方向で取組みを進めている。

令和元年9月23日第3226号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ