障害者雇用を経済界に要請 宮城県

2019.09.30 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 宮城県、仙台市、宮城労働局などは連携して、宮城県商工会連合会、宮城県中小企業団体中央会など県内の経済団体や事業主に対して、障害者の雇用促進・維持に関する要請を行った。「障害者雇用の一層の推進」「法定雇用率未達成企業の早期達成」「職場定着に向けた取組みの推進」「職場見学および職場実習の積極的な受入れ」「障害者に対する差別の禁止・合理的配慮」の5項目について求めている。

 平成30年度の同県内ハローワークを通じた障害者の就職件数は1848件。過去最高の水準となったが、いまだ4100人余りがハローワークに登録して仕事を探している状況にある。また、30年6月1日現在の県内企業の障害者雇用率は2.05%。法定雇用率に達していないだけでなく、達成している企業が半数にも満たないという。

令和元年9月23日第3226号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ