入退室管理を実施 マイナンバーカード使い 内田洋行・年内にも

2019.09.18 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 情報関連事業やオフィス家具事業を手掛ける㈱内田洋行(東京都中央区、大久保昇代表取締役社長)は年内にも、マイナンバーカードを活用した社内セキュリティーエリアでの入退室管理を行う。将来的に、全社員の社員証への活用を視野に入れている。

 マイナンバーカードのICチップのデータ空き領域に専用アプリケーションを入れて、入退室管理を行う。社内のセキュリティーエリアで業務を行うシステムエンジニア450人を対象とした。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和元年9月16日第3225号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ