女性管理職2割超え 1年半早く目標達成 ヒューリック

2019.09.05 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 不動産業のヒューリック㈱(東京都中央区、吉留学代表取締役社長)は、2016年に女性活躍推進法の行動計画で定めた「20年末までに参事役以上を指す管理職における女性比率を2割以上にする」との目標を、予定より1年半早く今年7月末に達成した。同社が独自に設けている「こども休暇」などが功を奏している。

 こども休暇は、「妊娠~産休取得時点」と「産後~子供が小学3年を修了時点」に、年間10日の利用を認めている。妊娠障害や、子の看護・学校行事の際に半日単位で休めるようにした。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和元年9月9日第3224号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ