テレワーク普及へ中小事例紹介 東京都

2019.08.20 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 東京都は、テレワークの普及に向けて、実証モデル企業としてテレワークを実施した中小・中堅企業21社の事例集をまとめた。各社における実施の背景や内容、実践後の効果を明らかにしている。人材の確保・育成を目的に実施する企業が多い。

 化粧品メーカーの㈱ウテナ(世田谷区、従業員140人)は、育児・介護をする社員の増加などを見据え、テレワーク導入を検討。在宅勤務とサテライトオフィス勤務を併用したところ、在宅勤務では、外線電話の取次ぎなどがなく、作業効率が向上した。通常勤務者に比べて…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和元年8月19日第3221号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ