【賃金調査】厚労省/賃金改定状況調査 小企業の改定率 引上げ事業所で平均2.5% 実施割合5割超える 

2019.08.01 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

パート時給 1.8%伸び1100円弱

 厚生労働省の賃金改定状況調査によると、今年6月までに賃金引上げを実施した小規模事業所の平均改定率は、2.5%となった。前年結果を0.3ポイント下回り、2年ぶりにマイナスに転じている。引上げを実施した事業所の割合は全体の53.6%に高まり、前年結果の43.9%から約10ポイント伸びている。1時間当たり所定内給与額は、一般労働者が1.0%増の1626円、パートタイム労働者が1.8%増の1087円だった。

▽実施状況と改定率

 同調査は、最低賃金改定の参考とするため、常用労働者30人未満の企業に属する民営事業所を対象とし、その年の賃金改定状況を調べている。改定の影響を受けることが予想される小規模事業所に限って、直近の改定状況を把握しているものだ。

 今年1~6月に賃金引上げを実施した事業所の割合は、53.6%だった(表1)。平成26年調査から40%台前半で推移してきたが、…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和元年8月12日第3220号8,9面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ