社内ルール「ない」が多数 安全衛生経費で実態調査 国交省検討会

2019.08.09 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

算出方法記載も3割程度

 国土交通省は、「建設工事における安全衛生経費の実態調査結果概要(速報)」を公表した。工事内容に応じて実施する「安全衛生対策」を決める社内ルールやマニュアルの有無で、「元請け」の68%、「中間次の下請け」の69%が「ない」と回答したことが分かった。社内ルールやマニュアルがある企業のうち、「『安全衛生対策』のための費用そのものを算出する方法が記載されている」としたのは、「元請け」「中間次の下請け」双方で3割程度にとどまった。このため、安全衛生経費の積算基準に関する好事例を収集・分析する考えだ。今年度末に方針を固める。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2019年8月15日第2336号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ