保険関係成立 届出を簡素化 厚労省

2019.07.17 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省は、労働保険関係成立届に関する手続きを簡素化する。健康保険法および厚生年金保険法上の「新規適用届」または雇用保険法上の「適用事業所設置届」と併せて労働保険関係成立届を提出する場合、年金事務所、労働基準監督署または公共職業安定所に提出できるようにする。

 対象となる事業は、一元適用の継続事業のみ。有期事業や二元適用事業などは対象としない。3つの届出を同時に行うための新たな届出様式も用意する。

 厚労省はこのほど、健康保険法施行規則改正案要綱について、労働政策審議会から「妥当」との答申を受けた。施行日は令和2年1月1日の予定。

令和元年7月15日第3217号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ