外国人の登用拡大 ライドシェア対策で決議 全国ハイヤー・タクシー連合会

2019.07.04 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 一般社団法人全国ハイヤー・タクシー連合会(川鍋一朗会長=写真)は6月25日に東京都内で開催した定期総会で、ライドシェアの阻止に向けた決議を採択した。外国人運転者の登用拡大などに取り組む。

 ライドシェアとは、アメリカのウーバー社などが展開するスマートフォンの配車アプリを通じた新商売。2種免許を持たない一般ドライバーが「乗りたい人」を乗せて走る事実上の“白タク行為”を行うもので、普及するとタクシー運転者の雇用に影響を及ぼしかねない。

 決議では、…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和元年7月8日第3216号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ