用途外使用で送検 モード切替えずに作業 真岡労基署

2019.06.19 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 栃木・真岡労働基準監督署(大貫重範署長)は、労働者がトラックの荷台から落ち重傷を負った労働災害で、㈱小川組(栃木県宇都宮市)と同社の代表取締役、職長を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いで宇都宮地検に書類送検した。移動式クレーン仕様のドラグ・ショベルを、クレーンモードに切り替えず用途外使用させたところ、労災が発生している。

 労災は今年1月7日、同県内の橋梁下部工事現場で起きた。現場では…

【令和元年5月15日送検】

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和元年6月17日第3213号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ