【今週の視点】「拘束時間」短縮が経営課題に 過労による運転事故防止

2012.06.18 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

改善基準の理解促進を

 ゴールデンウイーク中に関越自動車道で発生したツアーバスの事故は、端なくも自動車運転者の過重労働の実態を浮き彫りにした。事故発生後、当社実務相談室には、トラック等も含め運転者の労務管理に関する質問が増えている。この機会に、「実労働時間」ではなく、「拘束時間」に着目する「労働時間の改善基準」の基本的な考え方を、改めて確認しておこう。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年6月18日第2877号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ