フレックス対象拡大 時間単位年休も導入 桃谷順天館

2019.06.06 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 化粧品製造販売の㈱桃谷順天館(大阪府大阪市、桃谷誠一郎代表取締役社長)とグループ会社2社は、フレックスタイム制度の適用拡大をはじめとした人事制度の見直しを図った。社員が自ら働き方を選択できる環境をつくってモチベーションを高め、生産性を向上させる狙い。

 一部職種で導入していたフレックスタイム制度は、…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和元年6月10日第3212号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ