スポーツの魅力 労組から伝える UAゼンセン

2019.06.04 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 UAゼンセン(松浦昭彦会長)は、労働者の健康増進を図るため、スポーツシンポジウムを開催した(写真)。

 基調講演で一般社団法人スポーツフォーライフジャパンの手嶋雅夫代表理事は、社員のモチベーションを高めるコーポレートゲームズの取組みを紹介。部署を越えたコミュニケーション活性化などの効果を伝えた。

 続くパネルディスカッションでは、UAゼンセンのスポーツ産業政策推進プロジェクトの石川要一プロジェクトリーダーが、「スポーツ実施率向上のため、関連企業の労組が魅力を伝えるうえで果たすべき役割は大きい」としている。

令和元年6月3日第3211号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ