能力生かす環境整備 高齢者雇用で提言 商工総合研究所

2019.05.24 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 高齢者の雇用環境整備を――一般財団法人商工総合研究所(江崎格理事長)は、「高齢・長寿化社会と中小企業の高齢者雇用」と題する報告書で、高齢者の経験、能力など適切な評価や勤務形態の多様化など雇用環境を整えるよう提言した。

 同報告書は、「就業構造基本調査」などをもとに中小企業の高齢者雇用の動向や活用について分析したもの。高齢・長寿化社会の実態、規模別での雇用動向を探り、中小企業の高齢者活用について示している。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和元年5月27日第3210号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ