野中孝泰新体制を確立 電機連合・第64回定期大会 書記長は神保政史氏 メイテックが初の役員に

2016.07.21 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 電機連合は7月5日、前日から横浜市で開催していた第64回定期大会を通じ、野中孝泰中央執行委員長をはじめとする新執行体制を確立した。中澤清孝副委員長、神保政史書記長を三役に充て、今回初めて派遣企業グループの労組が産別役員入り。3期6年の任を終えた有野正治前委員長は退任挨拶で、「ユニオンショップとチェックオフ制度の上であぐらをかかない運動を」と訴え、魅力ある運動を常に意識するよう求めるとともに、来春闘もベア要求を基本に、より社会性を強めた運動展開を呼び掛けた。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成28年7月18日第3073号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ