海外拠点に勝る現場力 有力な国内100工場 電機連合

2014.06.23 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

コスト除く全指標で優位

 電機連合(有野正治中央執行委員長)が大学教授とともに傘下の有力な国内工場の特長を探ったところ、本社開発部門に主体的に企画を売り込んだり、量産現場を国内にとどめ、人と設備・機械のすり合わせや地道な改善をぶれずに行っているなどの共通点が分かった。これを仮説に位置付け、工場トップから現場作業員までの4000人弱(約100社)から回答を得たアンケート結果をみると、自社の海外拠点と比べ、独自製造技術の開発をはじめとする「現場力」指標の全項目が上回った。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成26年6月23日第2974号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ