課題多いと意見書 外国人受入れで全労働

2018.12.10 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 労働行政を司る労働基準監督官らでつくる全労働省労働組合は、国会審議が急ピッチで進む外国人労働者の受入れには「解決すべき多くの課題がある」と述べた意見書を公表した。

 外国人技能実習制度や在留資格・留学を、「開発途上国への技能等の移転」など本来目的から一切潜脱しない制度に見直すべきとし、…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年12月10日第3188号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ