【特集1】災害の記憶を風化させない 事例集で情報共有化 277例をイラスト付きで/山形建設

2016.07.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 会社にとっては辛い記憶である労働災害。山形建設㈱(山形市)では、過去に発生した災害事例を真正面から受け止め、教訓として生かそうと一冊の事例集にまとめている。事例集では、約30年分の277事例をイラスト付きで災害発生当時の状況を説明し、原因と対策、災害防止の勘所を掲載。「墜落・転落」「挟まれ・巻き込まれ」など型別に参照できるよう整理された内容は、協力会社での朝礼・危険予知活動時の教育材料として活用できる。「情報の共有化」を重視する同社のスタンスは、一般市民の目を現場の改善に生かす「安全パトロールモニター制」にも現れていて、普段は見られない現場の姿が分かると、参加者から好評を得ている。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年7月1日第2261号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ