石綿調査の講習見直し 新たに3省共管で 専門家育成を推進へ

2018.11.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 国土交通省、厚生労働省、環境省は、多様な種類の石綿含有建材の調査を行うことができる専門家を育成するため、新たに3省共管による講習制度を創設した。労働安全衛生法をはじめ各省が所管する法令で規制している石綿含有建材の調査に必要な総合的な知識や技能が習得できる講習内容となっている。修了内容によって、「建築物石綿含有建材調査者」、または「特定建築物石綿含有建材調査者」となる。国交省所管の講習制度の大幅な見直しを図ったもの。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年11月15日第2318号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ