ばく露低減に局所排気装置 成田労基署

2016.06.20 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 千葉・成田労働基準監督署(濵﨑喜明署長)は、化学物質を扱う事業場を対象にリスクアセスメントに関する講習会を開催した=写真。同労基署の上田功安全衛生課長が、実際に起きた化学物質による労働災害事例を交えながら解説している。

 化学物質へのばく露を低減するための対策として局所排気装置の重要性を指摘。装置が有効に機能しているかをスモークテスターで定期的に点検するよう呼び掛けた。

 現時点で規制対象外の物質が必ずしも無害ではないとも指摘し、常に最新の「安全データシート」で危険有害性情報の収集に努めるべきとしている。

平成28年6月20日第3069号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ