教育の履歴記録を 産廃業者に講習会 江戸川労基署

2016.10.18 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 東京・江戸川労働基準監督署(藤本逸子署長)は、産業廃棄物処理業者に対し、労働災害防止講習会を実施した(写真)。

 吉田貴則副署長は、入職間もない時期に労働災害に遭うケースが少なくないと指摘。また、挨拶と整理整頓がしっかりしている事業場は、安全管理もできていることが多いとして、基礎的な体制を見直すようアドバイスした。

 次いで、高橋英雄第二方面主任監督官が、「まずは紙1枚の簡単なものでもいいので」として、経営トップが安全衛生基本方針の表明をするよう求めた。安全教育の漏れを防ぐため、誰にどの教育を実施したか記録することを勧めている。

関連キーワード:
平成28年10月17日第3084号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ