訪問事業向けの勤怠管理に注目 医療・介護見本市

2018.10.01 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 国際見本市の企画・運営を手掛けるリード エグジビションジャパン㈱は9月12~14日、医療と介護に関する見本市「第1回 メディカルジャパン東京」を幕張メッセ(千葉県)で開催した。働き方改革に関連するサービスを提供する企業のブースでは、社会的な関心の高さを背景に賑わいを見せた=写真

 同業界に特化した、勤怠管理と給与計算を一体化したシステムをPRしていたのは㈱東計電算。GPS機能と連携したアプリを通じ、労働者が自身のスマートフォン上で出退勤の手続きができる。同社担当者は「訪問介護・看護に携わるスタッフの勤怠管理に適している」と訴えた。

 「点滴作業を△回行った」などの手当計算もできるという。

平成30年9月24日第3178号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ