テレワーク実施のメリット説く 東京都イベントで

2017.02.21 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 東京都は「ライフワークバランスフェスタ2017」を開催した。「柔軟な働き方で生産性向上」と題したパネルディスカッションでは、社会保険労務士法人NSRの武田かおり社会保険労務士などが登壇し、働きやすい職場づくりと企業成長に関して話している=写真

 司会者からテレワークについて尋ねられた武田社労士は、「人材が来にくい中小企業こそ働きやすい環境整備に向けて導入を」と強調。懸念事項としてよく挙がる労務管理については、「労働法の基本さえしっかり押さえておけば問題ない」とし、「働く場所が変わるだけのこと」と心構えを説いた。

 パネルディスカッションに先立って行われた認定式では、女性活躍推進に積極的な多賀建設㈱や㈱トーリツなど13社がライフワークバランス推進企業として賞状を渡されている。

平成29年2月20日第3101号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ