月3千円の手当支給 子育て社員支える同僚に レナウン

2018.03.09 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 アパレル業の㈱レナウン(東京都江東区、北畑稔代表取締役社長、1080人)は、育児休業から復帰して短時間勤務などの制度を利用しながら働いている販売員が所属する店舗の同僚に対し、手当を支給する新制度を3月から開始した。

 「ほほえみサポーター手当」と称し、月額3000円を支給する。会社として同僚社員の負担に報いつつ、育休から復帰した社員の「同僚へ迷惑を掛けているのではないか」という心理的負担を軽減することが目的だ。様ざまな職種や世代の社員が集う社内組織「ダイバーシティ委員会」が販売員にアンケートを実施し、話合いを進める中で誕生した。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年3月5日第3151号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ