週休3日制を試行 技術・設計など1000人対象 メタウォーター

2018.08.28 【労働新聞】

 働き方改革を推し進めている水処理大手のメタウォーター㈱(東京都千代田区、中村靖代表取締役社長)は、多様な働き方の実現に向けて週休3日制のトライアルを開始した。テレワークも社内でテストしている。

 従来の1日8時間・週5日勤務の働き方から、1日10時間・週4日勤務に改め、週休3日を実現する。コーポレート、技術、設計、開発などの部門で働く約1000人を対象とした。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成30年8月27日第3174号3面

あわせて読みたい

ページトップ