相談・支援班が説明会を初開催 船橋労基署

2018.07.23 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 千葉・船橋労働基準監督署(松崎勉署長)の労働時間相談・支援班は働き方改革推進のための説明会を開催し(写真)、同班の長峰直樹第4方面主任が労働時間法制について解説した。同班による説明会は初めてとなる。

 長峰主任は質問に答えると自社の労務・安全衛生管理の状況が診断できるインターネットサイト「スタートアップ労働条件」を紹介。「監督官が臨検で確認する項目も多く入っている」と集まった事業主に活用を促した。

 同班は今年度から全国の労基署に設けられ、中小企業の長時間労働対策などの相談・支援をしている。

平成30年7月23日第3170号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ