フォークリフト 許容荷重無視し個人事業主送検 船橋労基署

2015.07.27 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 千葉・船橋労働基準監督署(堀内利男署長)は、許容荷重を超えてフォークリフトを使用した機械修理業者(千葉県船橋市)の個人事業主を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置)違反の容疑で千葉地検に書類送検した。同社労働者が積荷の下敷きとなり、右足下腿部を切断する労働災害が発生していた。

 労災は昨年8月、同県市川市の工場内床工事現場で発生。同個人事業主が最大積載荷重2トンのフォークリフトに2.35トンの鋼材を載せ運搬していたところ、車体が傾いて鋼材が落下し、被災者が下敷きとなった。

平成27年7月27日第3026号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ