ロジスティクス 労災増で初の集団指導 新規参入者を対象に 船橋労基署

2014.12.01 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

非正規の労働条件改善も

 千葉・船橋労働基準監督署(西岡正純署長)は、管内の倉庫業が主要な業務内容であるロジスティクスに対して初となる集団指導を行った=写真。安全衛生指導では、労働者がフォークリフトに追突されるなど、実際に発生した労働災害をまとめた事例集を用いて安全管理意識の高揚を図っている。労働基準法関連では、36協定特別条項の運用時の注意点を指摘した。同労基署管内はロジスティクスの新規事業場が増加し続けているため、今後重点的指導により、労災、労使トラブルの防止に努める方針。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成26年12月1日第2995号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ