人材確保事例を7月末まで募集 中部運輸局

2018.05.25 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 運輸業界内の労働力不足が深刻ななかで中部運輸局は、事業者が取り組んでいる人材確保・育成に関する好事例の収集を開始した。

 愛知・静岡・岐阜・三重・福井の5県に、本店や支店を開いている運輸事業者や関係団体が対象。同運輸局が好事例と判断した取組みをウェブ上で公表するほか、優秀かつ社会的貢献が顕著な事例は「運輸局長賞」として10月に表彰する予定とした。

 「初の試みで、他の運輸局では行っていない」と同運輸局。メールまたは郵送で、今年7月末まで受け付ける。

平成30年5月28日第3162号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ