「感度」高い人材育成 収益性の向上へ提言 企業活力研究所

2018.05.25 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 企業の収益を生み出す力を伸ばすため、世の中で話題となったビジネスやサービスなどに対する関心度(社会感度)が高い人材の育成を――一般財団法人企業活力研究所は、経営革新と「稼ぐ力」の向上に向けた仕事とキャリアの管理に関する調査研究報告書を取りまとめた。社会感度が高い従業員が所属する部署ほど、収益性の向上や付加価値を生み出す「稼ぐ力」が高いと指摘している。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年5月28日第3162号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ