残業を前提としない働き方で仕事遂行能力が向上 企業活力研究所の調査報告

2016.05.03 【労働新聞】

 「残業体質」の解消で人材が成長― 一般財団法人企業活力研究所(岩田満泰理事長)は、「長時間労働からの脱却と新しい働き方に関する調査研究報告書」を取りまとめた。残業を前提としない働き方をしている人は、残業を前提とした働き方の人に比べて、自分の仕事ぶりに成長を感じている人が多い。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成28年5月2日第3063号2面

あわせて読みたい

ページトップ