キャリア開発を後押し 福祉人材確保で緊急対策 全社協

2016.04.27 【労働新聞】

 社会福祉法人全国社会福祉協議会(斎藤十朗会長)は、平成28〜30年度の3年間を活動期間とする福祉人材確保・育成・定着に向けた緊急対策を取りまとめた。福祉の現場を志す高校生・大学生を増やして就職に結び付けることや、キャリアパスの構築と研修制度の充実、専門職に見合った処遇改善などに向けた取組みを進めていくとした。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成28年4月25日第3062号2面

あわせて読みたい

ページトップ