介護福祉 人材確保へ全国展開 職場体験や施設見学 全社協

2014.09.01 【労働新聞】

キャリアパスの明確化も

 社会福祉法人全国社会福祉協議会(斎藤十朗会長)は、今後さらに深刻化する人材不足に歯止めをかけるため、次世代の介護・福祉分野への進路選択を後押しする取組みを全国に拡大させる。一部地域で実施している小・中・高校生向けの施設見学や職場体験を都道府県担当部局などの協力を得て大幅に増やす方針だ。福祉系大学からの就職が半数にとどまる現状に対しては、セミナーなどで労働条件や賃金水準、キャリアパスなどを分かりやすく伝える工夫が必要としている。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成26年9月1日第2983号3面

あわせて読みたい

ページトップ