休みやすい環境へ 人材確保めざし事例集 百貨店協会とUAゼンセン

2019.04.03 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 日本百貨店協会(赤松憲会長)は、UAゼンセン(松浦昭彦会長)の流通部門百貨店部会と共同で、年次有給休暇の取得促進に向けた事例集を作成した。「休みやすい職場環境」の実現を後押しすることで、若者が就職の際に重視する労働環境を整備して、人材確保に結び付けたい考え。

 事前に「なぜ年休が取れないのか」を従業員目線で考えたところ、①風土や上司の目が気になる、②残日数の把握が難しい、③日程を調整する必要がある、…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成31年4月1日第3203号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ