熟練者2万円増に 介護職特定加算で調査 厚労省

2020.11.17 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省の令和2年度介護従事者処遇状況等調査によると、昨年10月にスタートした「特定処遇改善加算」を取得した事業所において、勤続10年以上の介護福祉士(月給制常勤者)の平均給与額が36.7万円となり、1年前と比べて2万740円伸びていることが明らかになった。介護職員全体の平均給与額32.6万円を4.1万円上回っており、前年からの伸び幅でも2600円高くなっている。

 特定処遇改善加算の取得状況については、…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和2年11月16日第3281号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ