介護人材確保へ連携 マッチングを支援 愛知労働局と県

2015.06.22 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 愛知労働局(藤澤勝博局長)は、福祉人材の確保に向けて愛知県と連携を図っていく方針を決めた。このほど同県との合同会議のなかで確認した。今年度内に福祉業界のマッチング事業を実施する。

 同県内では現在、介護業界の有効求人倍率が4倍に達しており、深刻な人手不足となっている。団塊世代が75歳以上となる2025年には、介護業界で2万人の人材が不足すると推定されており、人材確保は喫緊の課題である。このため、看護・保育を含めた福祉分野全体の労働者確保に向けて本腰を入れ始めた格好だ。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年6月22日第3022号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ