11項目の方向性示す 福祉人材確保に向け 厚労省

2014.11.10 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省は、福祉人材確保対策検討会の報告書をまとめた。介護人材確保に向けた11項目の方向性などを明らかにしている。

 11項目の方向性では、「若者に選ばれる業界への転換」「女性や中高年齢者層の参画」「他業界に負けない採用戦略」「多様な働き方や機能に応じたキャリアアップの実現」「介護福祉士資格取得方法の見直しに向けた取組み」などを打ち出している。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年11月10日第2992号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ