【特集1】目指すな!センター! 不安全行動“総選挙”で順位付け 第1位「危険箇所立入」に要警戒 標識設置し注意呼び掛ける/田尻高谷地区工事安全連絡会

2015.03.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 東京外かく環状道路(外環道)の千葉県区間として函渠工事が進められている市川市・田尻高谷地区では、発注者と工事会社で構成する田尻高谷地区工事安全連絡会が「不安全行動総選挙」の活動を展開している。総選挙はアンケート形式によるもので、作業者がこれまでに経験した不安全行動を聞き取り、順位付け。「危険箇所立入」「一人作業」「区画せず」など、上位に挙がった行動を重点項目として設定し、標識や掲示などで注意を喚起していく。「つい」「うっかり」で意識せずに行ってしまう不安全行動だが、活動を通じて作業者一人ひとりの意識が変わりつつある。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年3月15日第2230号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ