総合職一本から改定 3コースから選ばせる 瀬戸信金

2018.05.02 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 瀬戸信用金庫(愛知県瀬戸市、水野和郎理事長)は、今後社員が迎える様ざまなライフイベントを想定し、多様な働き方を選択できるよう総合職一本だった人事制度を改定した。職員に総合職、外回り営業職、事務職の3職種から勤務したいコースを選ばせるようにしている。

 新人事制度は今年4月にスタート。総合職と営業職を選択した職員に対しては、柔軟な働き方ができるようフルタイム勤務以外の2つの働き方を用意した。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年5月7日第3159号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ